わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
Mishka/Mishka
1. Give you all the love
2. Happy
3. Lonely
4. Still got love
5. Bring a man down
6. Johannah
7. One true
8. Out the door
9. Another like you
10. When the rain comes down

投稿者:masuda323
ブログ:JAZZと家とサッカーへGo!



こんばんは~!
皆様いかがお過ごしでしょーか?
しかし、夏本番って感じになってきましたね~。
実は今日7月26日は東京では「墨田川花火大会」、
今テレビではフジテレビで毎年恒例の27時間テレビが放送されてます!
あれよあれよといううちに7月ももう後半っていうことで、季節の移り変わりの早さにビックリ!!
ですし、大好きな貴重な「夏」の時間をもっと「エンジョイ」しなければ・・・なんて焦ってしまってます!

さて、
今日はひさびさに「UP係」がそんな「夏」にぴったりのアルバムを一枚ご紹介したいと思います。
今回ご紹介いたしますアルバムはバミューダ諸島出身のアーティスト
「ミシカ」のアルバムその名も「ミシカ」です!

個人的に「ミシカ」のアルバムはこの一枚しか持ってなく、
他のアルバムも実は聴いたことがないっていう、
「ミシカ」ファンにとってみたら「モグリ的」なUP係なんですけど、
実際このアルバムは「海」に遊びに行くときなんかに良く聴きました。

今回Youtubeで視聴できます、このアルバムの1曲目「Give you all the love」を
もうだいぶ昔ですが、偶然どこかのラジオ放送で流れてきて、
「この曲は一体誰の曲なのーーっ!!」って感動してしまい、めぐり会いました。

手元にあるライナーノーツによると、「ミシカ」は「レコードなんて作りたくなかった」らしいです。
曲を書き、テープに吹き込むのはあくまで「自分の喜びのため」とのこと。
ちなみに「Give you all the love」は「オレの持っている愛をすべて君にあげよう」。

ニューヨークの南西1200キロの大西洋のまんなかぽっかり浮かぶ孤島育ちミシカ。
「自分のために歌うその声」とサウンドは「夏のドライブ」にもぴったりです!

夏にはジャマイカの「ボブ・マーレー」が良く似合うとお思いの方なんかは特に
バミューダ諸島の「ミシカ」のシンプルなサウンドもきっと気に入ってくれるのでは?
なーんて思ってしまうオススメの一枚です!!

■Give you all the love



投稿者:masuda323(UP係)
ブログ:JAZZと家とサッカーへGo!(恐縮です)


参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪

日本を代表する美メロ・ハウスのクリエイター「freeTEMPO」の
去年発売の2ndフル・アルバム「SOUNDS」を紹介します。

これまでも、4枚のミニアルバムや様々なアーティストとのコラボで
その美しいメロディーを聴かせてくれたのですが、フルアルバムは
これで2枚目だったんですね。

free TEMPO 「IMAGERY」のレビュー記事はコチラです(Style:Luxury)



SOUNDS/FreeTEMPO
01. You and Me
02. Birds
03. Flowers
04. Sunshine
05. Rain
06. Trees
07. Dreaming
08. Brazil
09. Stars
10. Moon
11. Kindly
12. Sounds

投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!


初めて「free TEMPO」の音楽に触れる方は、まずメロディーの美しさを味わってください。そして一度聴いたことのある方は、前作「The World Is Echoed」と比較して聴くのが正解。

数々のミニアルバム発表と、様々なアーティストとのコラボ、そしてラテン・ミュージックへの傾倒…と彼のこれまでのキャリアを凝縮し、さらに進化させたサウンドだということが分かるでしょう。


☆Style:Luxuryでは「SOUNDS」が全曲!imeenで視聴できます!!☆


ヴォーカル曲が多いのも「SOUNDS」の特徴かもしれません。
甘い男性ヴォーカルとソウル・アレンジの#1「You and Me」と、#3「flowers」のR&Bテイストな女性ヴォーカルが魅力的です。#11「kindly」はノスタルジックで癒し系なヴォーカルとサウンドが心地よい曲。
また、オリジナルアルバムには珍しく#9「Stars」では日本語によるヴォーカル。
繊細な女性ヴォーカルが幻想的な夜の雰囲気に包まれたような気分になる曲です。

もちろん、インスト曲も顕在。
ラテン系、特にサルサに傾倒していたfreeTEMPOらしい#4「Sunshine」や#8「Brazil」は、彼らしいラテン系クラブ・ミュージックの真骨頂と言えます。
雨粒が地面を跳ねるようなピアノのイントロが美しい#5「rain」、さらに#10「moon」では、アンビエントを思わせる深遠な浮遊感を味わえます。

そんなバラエティに富んでいながら統一感のある「SOUNDS」のなかで、オススメは#7「Dreaming」です。心地よいピアノのイントロ、定番の美メロ、繊細なヴォーカル…
freeTEMPOに求めているサウンドのすべてが詰まった作品です。


■Dreaming



ちなみに、歌と詞は宮原永海さんという方。
すいません。僕はどういう方かあまり知らないのですが声優さんらしいです。


投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!



01あなたのとりこ /シルヴィ・バルタン
02アイドルを探せ /シルヴィ・バルタン
03そして、たとえ... /フランソワーズ・アルディ
04男と女 /クレモンティーヌ
05夢見るシャンソン人形 /松本英子
06白髪になった少年たち /ジルベール・ベコー
07哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット) /エルザ
08サン・ジャンの私の恋人 /パトリック・ブリュエル
09ナイト・アンド・デイ /パトリック・ブリュエル・アンド・カヒミ・カリイ
10パリの空の下 /ジゼル・マッケンジー
11生きる /ピエール・バルー
12男と女 /モニック・アンド・ルイ・アルドゥベール
13A.B.C. /エリ・セムーン・アンド・アクセル・レッド
14バラ色の人生 /トゥーツ・シールマンス・フィーチャリング・ダイアナ・クラール
15愛の賛歌 /トゥーツ・シールマンス・フィーチャリング・チップ
16瞳のささやき /マルレーヌ・ジョベール
17愛し合うふたり /エンゾ・エンゾ
18タブー /レ・ヌビアン・フィーチャリング・カゼイ
19枯葉~フレンチ・ヴァージョン /コールドカット・フィーチャリング・ジャニス・アレキサンダー
20シェルブールの雨傘(アイ・ウィル・ウェイト・フォー・ユー)/ミシェル・ルグラン
21ラスト・ワルツは私と /ペトゥラ・クラーク

投稿者:masuda323


こんばんは!UP係のmasuda323です。
今日はひさびさアルバムを1枚ご紹介します。
本日のアルバムは今働いている職場が一緒の「ちゃーみー」さんにお借りしているアルバムで
フレンチ・ファインです!
このアルバムはフレンチポップの日本でテレビCMなんかに流れていたフレンチポップのオムニバス
アルバム。この「オムニバス」アルバムって新たな音楽&ミュージシャンを見つけるのにとても都合がよいんですよね~。
私はよく1000円くらいで駅なんかで売っているベスト版やオムニバスCDを買ったりして聴いて、
気に入った曲やミュージシャンがいたらオリジナルアルバムを買ってみたりして音楽を楽しんでます。
今回はフレンチ・ポップってことで~中心になっているフランス語の女性ボーカルはなんかみずみずしいし、癒されてしまいます!あと、このアルバムはジャズハーモニカ奏者の「トゥース・シールマンス」の本格的なジャズが収められているといった「意外性」なところとアルバムを通した「聴き応え」のある一枚でもありました。個人的にはアルバムの最後を締めくくる「ラスト・ワルツは私と」っていう曲は
私も今までどこかで聴いたことがあってイイ曲だな~なんて思っていた曲。
このアルバムはただのオムニバスじゃ~ございませんヨ~!

~01あなたのとりこ ~



~02アイドルを探せ~



~07哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)~



~21ラスト・ワルツは私と(ペトゥラ・クラークではありませんが)~




人気ブログランキングはこちらです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。