わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロバート・フリップ、イアン・マクドナルド、グレッグ・レイク、マイケル・ジャイルズ、
ピーター・シンフィールドによるイギリスのプログレッシヴ・ロックバンド、キング・クリムゾン
の69年発表のデビュー・アルバムです。




クリムゾン・キングの宮殿(In the Court of the Crimson King)
/キング・クリムゾン(King Crimson)


1. 21世紀の精神異常者
(21st Century Schizoid Man/Mirrors)
2. 風に語りて(I Talk to the Wind)
3. 理由なき行進 / 明日又明日
(Epitaph/March for No Reason/Tomorrow and Tomorrow)
4. ドリーム / 幻想
(Moonchild/The Dream/The Illusion)
5. 帰って来た魔女 / あやつり人形の踊り
(Court of the Crimson King/The Return of the Fire Witch/The Dance of the Puppets)

投稿者:つっしゃん
お気楽days 洋楽のことお気楽に語ってます へ~Go!



ビートルズの「アビイ・ロード」を全英1位の座から蹴落としたともいわれている
アルバムです。

ジャケットのインパクトもさることながら、フリージャズやクラシックの要素を取り入れた
サウンドと収録曲の完成度の高さにも度肝抜かれます^^

このアルバムを聴いた事がない方は、収録曲がたった5曲だけなのかと思ってしまう
でしょうけど、1曲1曲の演奏時間が長く濃い内容なんですよね。

1曲目から強烈なインパクトで圧倒されます。へヴィなイントロとヴォーカルで始まり、
スケール感のあるダイナミックなサウンドがとにかくカッコイイ曲です。
以前テレビCMにも使われていたので耳にした事ある方も多いと思います。

曲順も見事です。最後の曲まで壮大かつ幻想的なサウンドが聴けます。

ファースト・アルバムにしてプログレのみならず、ロック史に多大な影響を与えた
名盤です。



「21st Century Schizoid Man」



投稿者:つっしゃん
お気楽days 洋楽のことお気楽に語ってます へ~Go!


参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。