わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
O
1. デリケート
2. ヴォルケーノ
3. ザ・ブロウワーズ・ドーター
4. キャノンボール
5. オーダー・チェスツ
6. エイミー
7. チアーズ・ダーリン
8. コールド・ウォーター
9. アイ・リメンバー
10. エスキモー
※〈CDエクストラ内容:ザ・ブロウワーズ・ドーター
投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!


2004年公開の映画「クローサー」
男女4人の揺れ動く心を繊細に描き、嘘も真実も人を傷つけることに気付かされる映画。
ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェンの名優4人が
織りなす、哀しく美しいラブ・ストーリー。
この映画の主題歌で、冒頭の印象的なシーンで流れる曲。
それが、このダミアン・ライスの「the blower's daughter」です。
映画を知らなくても、絶対に感動できる歌だと思います。

■Damien Rice - the blower's daughter


And so it is     
Just like you said it would be
Life goes easy on me
Most of the time
And so it is
The shorter story
No love  no glory
No hero in her skies
I can't take my eyes off of you

And so it is
Just like you said it should be
We'll both forget the breeze
Most of the time
And so it is
The colder water
The blower's daughter
The pupil in denial
I can't take my eyes off of you

 Did I say that I loathe you?
 Did I say that I want to
 Leave it all behind?

I can't take my mind off of you
My mind
xxxxxxxxx
 
そうだ
君の言ったとおりになった
たいていの場合
人生は僕を寛大に扱う
そうだ
ストーリーはさらに簡潔になり
愛も栄光もなく
彼女の空を飛ぶヒーローもいない
君から目を離せない

そうだ
君の思ったとおりになった
たいていの場合
僕らは互いにあの騒ぎを忘れているだろう
 そうだ
冷たさを増す水
ほら吹き男の娘
否定する弟子
君から目を離せない

 あなたを嫌いだと言った?
 すべてを捨ててしまいたいと
 わたしが言った?

君のことを考えずにいられない
考えずにいられない
xxxxxxxxxx


音楽の美しさはもちろんですが、何といっても歌詞が素晴らしいです。
今、まさにこの瞬間に感じている想い、感情だけを切り取ったような(えぐり取ったような)歌詞。
短いフレーズだからこそ聴いている人の感情に強く訴えかけるパワーを持っています。

そして、もう一つの魅力は、リサ・ハンニギャンという女性ヴォーカリストとのデュエット。
歌の途中に入る、彼女の繊細な歌声もまた心に響きます。

ここに掲載している歌詞の最後に「the blower's daughter」の素晴らしさがあります。
あえて、伏せ字にさせていただきました。
なぜ、こんなにも無償で盲目的な歌詞なのか。
リサが歌っている歌詞は何を伝えたかったのか。
動画では、わずかに聴き取れますが、ぜひCDを手にして確かめてほしいと
思います。

アイルランド出身のダミアン・ライスの初アルバム「O」(オー)。
実は、誰にも教えたくなかったCDの一つです。
世の中がダニエル・パウターやジェイムス・ブラントで大騒ぎしていたときに
ひっそりと愉しんでいました。
「もう2枚目のアルバムも出ているし、紹介してもいいかな…」
という感じで、紹介してみました。


Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常(byひさし)~へokGo!


人気ブログランキング参加してます!
スポンサーサイト
NOCTURNAL LAYGROUND/Russ Freeman
1 Nocturnal Playground
2 Polo In The Palisades 
3 What She Really Wants
4 Jamaican Nights 
5 Easter Island
6 Moving Violation
7 Amelia 
8 Paradise Cove

投稿者:ライム
Lime と Lemon のささやかな BLOGへGo!


みなさんこんばんは!土曜日の夕べいかがお過ごしでしょうか??
本日紹介するアルバムは、Russ Freemanが1985年にリリースした
「Nocturnal Playground」です。

試聴コーナーも設けていますので、是非見ていってくださいね!


後にThe Rippingtonsを率い、スムースジャズ界の頂点に立ったラス・フリーマンの処女作。このアルバムは、近年ラス本人のサイトで再発されるまで、リッピントンズ・ファンなら喉から手が出るほどのコレクターズアイテムでした。僕自身、米アマゾンの30秒試聴ファイルを何度聞いたことか・・・・・。

このアルバムを手に入れ、始めてフルで聴いた時の感動は、今でも忘れません。初初しくも、輝きに満ちた楽曲の数々・・・・・・・。それは、どこからどう聴いても、ラスの音楽だとわかる(つまり、他の誰にも似ていない)、オリジナリティーに溢れたサウンドでした。

確かに、少々古めかしい音ではあります。なんせ20年以上前の物ですから。しかし、僕にとってそんなことは気にならないのです。

”これが、リッピントンズのサウンドの原点なんだな。”

そう思うと感慨深く、1曲1曲が魅力的で、いとおしく響いてくるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・とフェチ全開な文を書きましたが、本当にいい曲ばかりなので是非聴いてくださいね(^^;

収録曲
1 Nocturnal Playground
2 Polo In The Palisades ☆
3 What She Really Wants
4 Jamaican Nights ☆
5 Easter Island
6 Moving Violation
7 Amelia ☆
8 Paradise Cove

ちょっと試聴のコーナー
(☆がついている曲は「Lime と Lemon のささやかな BLOG」で視聴できます!)

■Nocturnal Playground(代わりにyoutubeをどうぞ!!)



Lime と Lemon のささやかな BLOGへGo!(byライムとレモン)

Siamese Dream/Smashing Pumpkins
1. Cherub Rock
2. Quiet
3. Today    
4. Hummer
5. Rocket
6. Disarm
7. Soma
8. Geek U.S.A.
9. Mayonaise
10. Spaceboy
11. Silverfuck
12. Sweet Sweet
13. Luna
投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!


今日の気分を表現してみました。
このブログのコンセプトと、かけ離れてますが。
どうしても表現したくて…
あ、別に書くことが無かったわけではないんです。
では、どうぞ♪

■The Smashing Pumpkins 「Today」

Today is the greatest day        
I've ever known             
Can't live for tomorrow,         
Tomorrow's much too long       
I'll burn my eyes out
Before I get out

I wanted more               
Than life could ever grant me     
Bored by the chore           
Of saving face              

Today is the greatest day       
I've ever known            
Can't wait for tomorrow        
I might not have that long       
I'll tear my heart out         
Before I get out

Pink ribbon scars             
That never forget            
I tried so hard            
To cleanse these regrets       
My angel wings           
Were bruised and restrained     
My belly stings             

Today is                
Today is               
Today is              
The greatest day          

I want to turn you on         
I want to turn you on        
I want to turn you on         
I want to turn you           

Today is the greatest         
Today is the greatest day      
Today is the greatest day      
That I have ever really known     

今日は今までで最高の日
明日のためになんか生きられない
両目が焼き尽くされてしまう
ここを出るまでに…



人生で許される以上のものが
欲しかった
面目を保つための雑事なんて
うんざりだったんだ

今日は今までで最高の日
明日を待ってなんかいられない
そんなに長くはもたないかも
心が砕けてしまう
ここを出るまでに…


ピンクのリボンが
忘れられない傷になる
そんな後悔を悔い改めようと
僕は必死だったんだ
僕の天使の翼は
傷つき、縛られて
僕の体が痛むんだ

今日は
今日は
今日は
最高の日

君をその気にさせたいんだ
君をその気にさせたいんだ
君をその気にさせたいんだ
君をその気に

今日は最高の
今日は最高の日
今日は最高の日
本当に今までで



いや、そんな大きな嬉しい出来事とか無かったんですけど、
なんだか今日は気分がサイコーって日、ありませんか?

音楽ルーツがROCKだと、やっぱりこういうのが聴きたい日もあるんです。

Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常(byひさし)~へokGo!


人気ブログランキング参加してます!
STYLE“ENNUI”
01. MY CHERIE AMOUR / SONIA
02. EVERY BREATH YOU TAKE / FARFESTA
03. TRUE COLORS / CLAUDIA CLAUDIA
04. CAMINHOS CRUZADOS / CIEL CLAIR
05. DARLINユ DONユT EVER GO AWAY / SOPHIE+RITOMO 63
06. MOON RIVER / SONIA
07. THE CONTINENTAL / CHARADE
08. CORCOVADO / CIEL CLAIR
09. SE TODOS FOSSEM IGUAIS A VOCE / LUA CRESCENTE
10. MESSAGE IN A BOTTLE / SONIA
11. YOU'RE GONE / CHARADE
12. MY LITTLE BOAT / SOPHIE+RITOMO 63
13. DINDI / DOUG & KATHRYN


■EVERY BREATH YOU TAKE / FARFESTA



投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!


休日のブランチに。午後のティータイムに。
リラックスしたいときのBGMとして、極上の癒しを提供する
「STYLE BOSSA COLLECTION」シリーズ。
本作は"ENNUI"をテーマに、スタンダードなボサノヴァからポップスの名曲まで、どこかで聴いたことのある曲をカヴァーしたコンピレーションCDになっています。


2005年~2006年にかけて、全6作がリリースされている「STYLE BOSSA COLLECTION」シリーズ。
本作はシリーズ3作目。他に"MELLOW" "LIGHT" "LOVER" "GENTLE" "RE-NEW"が
リリースされていて、どれも極上の癒しを提供してくれます。

"ENNUI"(アンニュイ)とは、フランス語で「倦怠」や「物憂げ」、「退屈そうな」を意味しています。
本来は良い意味ではなく、やや否定的な表現として使われるのですが、フランス詩作品の影響を受けて「不思議な魅力のある表情や仕草」という意味に変化して使われるようになっています。フランス映画の女優さんの表情や、このCDのジャケットを見ると何となく分かりますか?

本作は、オーストラリア出身のソニアによるスティービー・ワンダーのカヴァー♯1「MY CHERIE AMOUR」から始まりますが、イントロの甘いウイスパーヴォイスで、いきなり心を掴まれてしまいます。続く♯2「見つめていたい」はポリスの名曲、そして♯3「TRUE COLORS」。
シンディー・ローパーです。こんな美しいカヴァーは初めて聴きました。
そして中間の♯6「MOON RIVER」は再びソニアによるカヴァーで、「ティファニーで朝食を」のテーマ曲。この曲の数多くのカヴァーの中でも、群を抜いて「かわいらしさ、繊細さ」が表れているといえます。
さらに、アントニオ・カルロス・ジョピンの曲をカヴァーしている♯4・8・9・13が、ポップスのカヴァー楽曲の間に挿入されていることで、このCDが単純なボッサ風カヴァー集ではないことに気付かされます。

ちなみに「STYLE BOSSA COLLECTION」シリーズのコンセプトは
「大人の女性のための究極のボッサ・コンピレーション」とのこと。
たしかに、ジャケット表紙もシンプルでオシャレですし、内容もフレンチ・ボッサ風の楽曲が多く、「ボサノヴァは詳しくないんだけど聴いてみたいなぁ」という方の入門編としてもオススメですよ♪

■ティファニーで朝食をの「MOON RIVER」(ソニアのカバーではありませんが)



Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~(byひさし)へgo!



01あなたのとりこ /シルヴィ・バルタン
02アイドルを探せ /シルヴィ・バルタン
03そして、たとえ... /フランソワーズ・アルディ
04男と女 /クレモンティーヌ
05夢見るシャンソン人形 /松本英子
06白髪になった少年たち /ジルベール・ベコー
07哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット) /エルザ
08サン・ジャンの私の恋人 /パトリック・ブリュエル
09ナイト・アンド・デイ /パトリック・ブリュエル・アンド・カヒミ・カリイ
10パリの空の下 /ジゼル・マッケンジー
11生きる /ピエール・バルー
12男と女 /モニック・アンド・ルイ・アルドゥベール
13A.B.C. /エリ・セムーン・アンド・アクセル・レッド
14バラ色の人生 /トゥーツ・シールマンス・フィーチャリング・ダイアナ・クラール
15愛の賛歌 /トゥーツ・シールマンス・フィーチャリング・チップ
16瞳のささやき /マルレーヌ・ジョベール
17愛し合うふたり /エンゾ・エンゾ
18タブー /レ・ヌビアン・フィーチャリング・カゼイ
19枯葉~フレンチ・ヴァージョン /コールドカット・フィーチャリング・ジャニス・アレキサンダー
20シェルブールの雨傘(アイ・ウィル・ウェイト・フォー・ユー)/ミシェル・ルグラン
21ラスト・ワルツは私と /ペトゥラ・クラーク

投稿者:masuda323


こんばんは!UP係のmasuda323です。
今日はひさびさアルバムを1枚ご紹介します。
本日のアルバムは今働いている職場が一緒の「ちゃーみー」さんにお借りしているアルバムで
フレンチ・ファインです!
このアルバムはフレンチポップの日本でテレビCMなんかに流れていたフレンチポップのオムニバス
アルバム。この「オムニバス」アルバムって新たな音楽&ミュージシャンを見つけるのにとても都合がよいんですよね~。
私はよく1000円くらいで駅なんかで売っているベスト版やオムニバスCDを買ったりして聴いて、
気に入った曲やミュージシャンがいたらオリジナルアルバムを買ってみたりして音楽を楽しんでます。
今回はフレンチ・ポップってことで~中心になっているフランス語の女性ボーカルはなんかみずみずしいし、癒されてしまいます!あと、このアルバムはジャズハーモニカ奏者の「トゥース・シールマンス」の本格的なジャズが収められているといった「意外性」なところとアルバムを通した「聴き応え」のある一枚でもありました。個人的にはアルバムの最後を締めくくる「ラスト・ワルツは私と」っていう曲は
私も今までどこかで聴いたことがあってイイ曲だな~なんて思っていた曲。
このアルバムはただのオムニバスじゃ~ございませんヨ~!

~01あなたのとりこ ~



~02アイドルを探せ~



~07哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)~



~21ラスト・ワルツは私と(ペトゥラ・クラークではありませんが)~




人気ブログランキングはこちらです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。