わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Something/Anything? ~Todd Rundgren~
ディスク:1
1. I Saw the Light
2. It Wouldn't Have Made Any Difference
3. Wolfman Jack
4. Cold Morning Light
5. It Takes Two to Tango (This Is for the Girls)
6. Sweeter Memories
7. Intro
8. Breathless [Instrumental]
9. Night the Carousel Burned Down
10. Saving Grace
11. Marlene
12. Song of the Viking
13. I Went to the Mirror

ディスク:2
1. Black Maria
2. One More Day (No Word)
3. Couldn't I Just Tell You
4. Torch Song
5. Little Red Lights
6. Overture-My Roots: Money (That's What I Want) /Messin' With the Kid
7. Dust in the Wind
8. Piss Aaron
9. Hello It's Me
10. Some Folks Is Even Whiter Than Me
11. You Left Me Sore
12. Slut

投稿者:つっしゃん
お気楽days 洋楽のことお気楽に語ってます へ~Go!



トッド・ラングレンによる72年発表の3作目です。

曲のほとんどが一人で演奏されたというマルチ・アーティスト、トッド・ラングレン
の3作目は2枚組のヴォリュームに加えて、曲が非常にバラエティ豊かです。

トッドといえばこのアルバムというくらいの彼の代表作にして名盤です。

ポップでキャッチーな曲や美しいメロディのバラード、ロック全開のハードな曲など
彼の才能がフルに発揮されています。

disc1の1曲目の「I Saw the Light」は彼のもっとも有名な曲なので、聴いたことが
ある方も多いのではないでしょうか。

3作目以降はかなり実験色が強くなり、ファンにも賛否両論あるみたいなのですが、
トッド・ラングレンを聴いた事がない方はこのアルバムから入るのをおすすめします。
入門篇には最適だと思います。


「I Saw The Light」





「Could't I Just Tell You」





「Hello It's Me 」





投稿者:つっしゃん
お気楽days 洋楽のことお気楽に語ってます へ~Go!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


スポンサーサイト
Mishka/Mishka
1. Give you all the love
2. Happy
3. Lonely
4. Still got love
5. Bring a man down
6. Johannah
7. One true
8. Out the door
9. Another like you
10. When the rain comes down

投稿者:masuda323
ブログ:JAZZと家とサッカーへGo!



こんばんは~!
皆様いかがお過ごしでしょーか?
しかし、夏本番って感じになってきましたね~。
実は今日7月26日は東京では「墨田川花火大会」、
今テレビではフジテレビで毎年恒例の27時間テレビが放送されてます!
あれよあれよといううちに7月ももう後半っていうことで、季節の移り変わりの早さにビックリ!!
ですし、大好きな貴重な「夏」の時間をもっと「エンジョイ」しなければ・・・なんて焦ってしまってます!

さて、
今日はひさびさに「UP係」がそんな「夏」にぴったりのアルバムを一枚ご紹介したいと思います。
今回ご紹介いたしますアルバムはバミューダ諸島出身のアーティスト
「ミシカ」のアルバムその名も「ミシカ」です!

個人的に「ミシカ」のアルバムはこの一枚しか持ってなく、
他のアルバムも実は聴いたことがないっていう、
「ミシカ」ファンにとってみたら「モグリ的」なUP係なんですけど、
実際このアルバムは「海」に遊びに行くときなんかに良く聴きました。

今回Youtubeで視聴できます、このアルバムの1曲目「Give you all the love」を
もうだいぶ昔ですが、偶然どこかのラジオ放送で流れてきて、
「この曲は一体誰の曲なのーーっ!!」って感動してしまい、めぐり会いました。

手元にあるライナーノーツによると、「ミシカ」は「レコードなんて作りたくなかった」らしいです。
曲を書き、テープに吹き込むのはあくまで「自分の喜びのため」とのこと。
ちなみに「Give you all the love」は「オレの持っている愛をすべて君にあげよう」。

ニューヨークの南西1200キロの大西洋のまんなかぽっかり浮かぶ孤島育ちミシカ。
「自分のために歌うその声」とサウンドは「夏のドライブ」にもぴったりです!

夏にはジャマイカの「ボブ・マーレー」が良く似合うとお思いの方なんかは特に
バミューダ諸島の「ミシカ」のシンプルなサウンドもきっと気に入ってくれるのでは?
なーんて思ってしまうオススメの一枚です!!

■Give you all the love



投稿者:masuda323(UP係)
ブログ:JAZZと家とサッカーへGo!(恐縮です)


参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪

正統派JAZZシンガーのようで、ボサノヴァやブルース、さらにはポップスの雰囲気を持つ才能豊かなアーティスト「フレドリカ・スタール」

ほとんどの楽曲の作詞作曲を自ら手がける彼女は、スウェーデン出身のフランス在住。
フランスの名門レーベル<Vogue>からデビューし、様々なジャンルの音楽をジャジーに歌いあげ、JAZZボーカリストの注目シンガーになりました。

そんなフレドリカ・スタールの2ndアルバム「TRIBUTARIES」を紹介します。



Tributaries/Fredrika Stahl
1. Monumental Mismatch
2. So High
3. Pourquoi Pas Moi?
4. Irreplaceable
5. Stuck on a Stranger
6. Oh Sunny Sunny Day (Interlude)
7. One Man Show
8. I'll Win Your Heart
9. Dina gon Bl
10. Damage Is Done
11. One Man Show

投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!



フレドリカ・スタールは1984年スウェーデン生まれ。
幼少期のほとんどをフランスで過ごし、フランス語もマスター。小さい頃からバレエとピアノを習い始め、サイモン&ガーファンクルやシカゴなどを好んで聴いていたようです。

12歳の時にスウェーデンに戻り、リサ・エクダール、トレイシー・チャップマン、ノラ・ジョーンズのようなミュージシャンを目指し音楽活動を開始。
学校を卒業後フランスに戻り、パリで本格的な音楽活動を始めました。


2006年にフランスの<Vogue>レーベルから発表された1st アルバムが、日本とフランスで合計30,000 枚を売り上げるなど、華やかなデビューを飾ったフレドリカ・スタールの2ndアルバム。

ボサノヴァ、ワルツ、ラグタイム、ブルース、さらにはシャンソンなどをジャズ・アレンジした楽曲の数々は、彼女の才能の豊かさを感じます。

収録されている楽曲は、いずれもスタイリッシュでありながら、どこかアンニュイさを持っている点が、いかにもフランス的で魅力溢れる仕上がりです。

#1「Monumental Mismatch」は、ビッグバンドをバックにJAZZボーカルとしての彼女を堪能できる作品です。
ブルースやポップスの影響を感じる#2「So High」は、跳ねるようなボーカルが楽しさと心地よさを感じます。
アコーディオンの伴奏がフランスの風景を連想させるワルツ#3「Pourquoi pas moi?」、ピアノの旋律と彼女の透き通る声が心地よいポップス・バラードの#5「Stuck On A Stranger」。
ラグタイム・スウィングがオシャレな印象を残す#6「Oh,Sunny Sunny day」、そして#9「Dina ogon Bla」はスウェーデン語で歌われているのですが、どこかエキゾチックな雰囲気も感じられます。


■So High




■Pourquoi pas moi?


しっとりとした叙情的な質感に、熟成された感覚を感じながら、ふと垣間見えるフレッシュさが新鮮で、とても幅の広いシンガーだと気付かされます。
全体的に映画のサントラのように盛りだくさんなアルバムです。


投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


ライヴ・ベック’06 (Offcial Bootleg USA 06)
01.ベックス・ボレロ
02.ストレイタス
03.ユー・ネバー・ノウ
04.哀しみの恋人達
05.ビハインド・ザ・ヴェイル
06.トゥー・リヴァーズ
07.スター・サイクル
08.ビッグ・ブロック
09.ナディア
10.エンジェル(フットステップス)
11.スキャッターブレイン
12.レッド・ブーツ
13.グッバイ・ポーク・パイ・ハット/ブラシ・ウィズ・ザ・ブルース
14.蒼き風
15.オーヴァー・ザ・レインボウ
ジェフ・ベック(g)
ビノ・パラディーノ(b)
ヴィニー・カリウタ(ds)
ジェイソン・リベロ(key)

投稿者:pooh
「じゃずりんぐ」へGo!


エリック・クラプトン、ジミー・ペイジとともに、3大ギタリストといわれている、
孤高のギタリスト、ジェフ・ベック。
60歳すぎてもなお、常に新しいギター・サウンドを追求し、音楽的な挑戦を続けている人。

彼に関しては、かなりのミーハーな私。年齢を感じさせないスマートなお姿と演奏スタイル。
2年前の東京国際フォーラムでのライブも行きました。
かっこよすぎて失神するかと思いました。っておおげさじゃーないんですよー。
彼に関する本や雑誌はすべて買い集めている程の熱狂的なファンであります。
ほーんとかっこいーです。しびれる~って感じ、男性にはわからない感覚でしょうね。

このアルバムは前々から色々な方から薦められていて、私自信もずーっと
聴きたいと思っていたアルバムです。 
前回のライブ・ベック (Live at BB King Blues Club)よりも、
迫力的にはおとなしいとさえ感じるアルバム。
彼のアルバムはライブ盤でなくてもいつもかなりの迫力&爆音ですから。。
「Canse We’ve Ended As Lovers」哀しみの恋人達、
ってなんてすてきな曲なんでしょう。メランコリックで涙でそうです。
2年前のLIVEで演奏された曲が多く、その時の感動がよみがえります。
15曲目の 「Over The Rainbow」 は2年前の来日公演でも演奏していましたが、
すごーく感動です!
スタンダード曲としても最高ですが、彼の演奏はまた格別。


■Canse We’ve Ended As Lovers(映像がライヴ・ベック’06というわけでなさそうです)




■Over The Rainbow(映像がライヴ・ベック’06というわけでなさそうです)




ジェフ・ベック、ソニーミュージック公式サイトへgo!

The Golden Road:Jeff Beckへgo !!

ジェフ・ベックの茶飲み話サイト<JEFF BECK FAN>へgo !!!



投稿者:pooh
「じゃずりんぐ」へOKGO!!

参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


今日ひさびさにタワレコに行って、最近とっても気になっていたニュートン・フォークナーのアルバムを購入いたしました!



Newton Faulkner 『hand built by robots』
1. Intro
2. To the Light
3. I Need Something
4. All I Got (Everyone Is You)
5. Dream Catch Me
6. Feels Like Home
7. Teardrop
8. Gone in the Morning
9. Sitar-Y Thing
10. Uncomfortably Slow
11. Straight Towards the Sun
12. People Should Smile More
13. She's Got the Time
14. U.F.O.
15. Face (Her)
16. Ageing Superhero
17. Lullaby

投稿者:おまみ
おまみゅーじっくブログへ~OKGO!!



ニュートン・フォークナーはイギリス出身の23歳です。本国イギリスでは昨年デビューし、既にシングルとアルバムともに大ヒットを記録していますが、日本では6月25日にこのデビュー・アルバム『hand built by robots』が発売されたばかりです。

私がニュートンの事を知ったのはごく最近です。音楽チャンネルで彼のちょっとハスキーで伸びのある歌声を聴いて、「この人、凄くいい声してるなー。」と思ったのが最初です。

ニュートンは楽曲と歌声も絶賛されていますが、特に注目されているのは何といってもその類まれなるギター・テクニックです。

私はギターを弾けないし、ギター・テクニックについては正直よく分からないのですが、ニュートンのアコースティック・ギターのタッピングはほんとに凄いです!今まで誰もやっていないような弾き方をしています。ギター・キッズのみなさんは必見です!何と、あのジミー・ペイジからも大絶賛されているそうですよ。

ひさびさに凄いアーティストに出会ってしまった気がします。タワレコ購入特典で、来週行われるライブのチケットの抽選券が付いていたので、もちろん即応募しちゃいました~♪



ニュートン・フォークナーの『hand built by robots』は、これがデビュー作とは思えないほど名曲ぞろいのアルバムです!超オススメですので是非聴いてみて下さい!!

Newton Faulkner 「To the Light」





Newton Faulkner 「I Need Something」



投稿者:おまみ
おまみゅーじっくブログへ~OKGO!!




参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


humming/TiA
1. Every time
2. 流星
3. be fulfilled
4. バースデーイヴ
5. Feel
6. Missing You
7. スタンリー
8. 僕がみつけた夢とともに
9. blue
10. blanket

投稿者:こんこんぶつゆ
洋楽×洋楽 こんこんぶつゆの洋楽紹介サイトへ~OKGO!!



TIAのファーストアルバムです。

「Every time」という曲をCMでちょこっと聴いただけで、すぐに虜になってしまいました。当時まだ16歳くらいで、幼い感じだったんだけど、見た目とはギャップのある力強い圧倒的な歌唱力に、「なんだこの子は!」と思いました。ライブに数回行かせてもらいましたが、特に印象的なライブは2007年12月のストリートライブです。代々木公園で素人にまじってやりました。なんで印象的かというと、CDにサインしてもらっちゃった~、からなんだよね。笑

生TIAは、とても明るくてフランクで小さくて可愛い女の子でしたよ。


では、「Every time」聴きたい方どうぞ。



ね、すごいでしょ?この曲、14歳のときに作ったらしいです。

ちなみに劇団ひとり、TIAのファンだそうです。笑


では次、セカンドシングル、「流星」どうぞ。



この「流星」は、『NARUTO -ナルト-』っていうアニメのエンディングテーマだったみたいです。

今、調べました。笑

TIAの兄弟に16歳年上の歌手、勝tomo大と、3歳年上の兄で格闘家のJET清光がいるみたいです。

それも、今、調べました。笑

飼っている犬の名前はポム(パグ)です。

それは知ってました。笑

これからTIAファンになるってのも悪くないです。




投稿者:こんこんぶつゆ
洋楽×洋楽 こんこんぶつゆの洋楽紹介サイトへ~OKGO!!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


UP係さん遅れて申し訳ありません(ーー;  ←お構いなくー!!byUp係

てなことで、もう1枚のお勧めアルバムは
System Of A Downの 「Mezmerize」 です。



Mezmerize/System of a Down
1. Soldier Side - Intro
2. B.Y.O.B.
3. Revenga
4. Cigaro
5. Radio/Video
6. This Cocaine Makes Me Feel Like I’m On This Song
7. Violent Pornography
8. Question!
9. Sad Statue
10. Old School Hollywood
11. Lost in Hollywood

投稿者:しすけん
しすけんの「徒然日記」へOKGO!!


メタルについては全く知識がなく金切り声のうるさい感じ(失礼!><)
ってな印象でしたが


会社の後輩にこのアルバムを借りて聞いたら衝撃的!

曲もギターもドラムも歌声も素晴らしい!!

メタルを聴く人はもちろん知っているアルバムだと思いますが
私みたいにほとんど聴いたとこのない人に是非お勧めしたいです^^


熱く激しいけれど一過性のものではなく
聴けば聴くほど味が出る、そんな素晴らしいアルバムです\(^o^)/

あと、運転中に聴いているとアドレナリンが出まくってやばい^^:


てなことで例によってアルバム評の体をなしてないですね...orz


とりあえずボリュームを最大にしてコレを聴いてください^^;

■ B.Y.O.B
B.Y.O.B



■cigaro





■Radio/Video




■Violent Pornography





■Old School Hollywood





おまけ^^;




投稿者:しすけん
しすけんの「徒然日記」へOKGO!!




参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


7even Year Itch
Collective Soul's Greatest Hits 1994-2001

1. Heavy
2. She Said
3. Shine
4. Energy
5. Run
6. Gel
7. Precious Declaration
8. Why Pt. 2
9. The World I Know
10. Next Homecoming
11. Listen
12. December
13. Forgiveness

投稿者:つっしゃん
お気楽days 洋楽のことお気楽に語ってます へ~Go!


こちらは、01年発表の彼らのベスト盤です。

ジョージア州出身の5人組、オルタナティヴ・ロック・バンド「Collective Soul」は、
94年に発表のアルバム「Hints, Allegations And Things Left Unsaid」で
メジャー・デビューしました。

この1ndアルバムと、アルバムにも収録されているシングル「Shine」は、アメリカでも
大ヒットをしました。

バンドの中心人物、エド・ローランド(Vo.G)のソング・ライティングも非常にすばらしく、
へヴィーなロックからアコースティック・バラードまですごくいい曲を書きます。

彼らはアメリカでは評価が高く、コンスタントにヒットを飛ばしてるんですが、
日本での知名度はイマイチで、あまり人気がないみたいです。

このベスト・アルバムは、「へヴィー」などの全米NO.1の曲が8曲も収録されているし、
聴いた事がない方におススメです。

「Shine」を初めて聴いた時、ギター・リフがすごくカッコいいなぁって思いましたね。


■Shine




■Heavy




■December




■「Run」




投稿者:つっしゃん
お気楽days 洋楽のことお気楽に語ってます へ~Go!




参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


ヒーリング・ミュージックが最初に流行ったのは、今から15年以上前のこと。
ニュー・エイジやワールド・ミュージック、イージー・リスニングなど、これまで
存在していたジャンルの垣根を飛び越え、「癒し」を追及した音楽は、あっというまに
浸透していき、もはや定番となっています。

ヒーリング・ミュージックが世に出始めた頃、これまでの音楽とはまったく異なるアプローチで
話題になったアーティストがいます。
それがフランスのユニット「Deep Forest」です。
DEEP FOREST 「ESSENCE OF THE FOREST」
大自然と、そこに生きる人々の魂を曲にした、彼らのベスト盤を紹介します。

「Deep Forest」は、エリック・ムーケとミシェル・サンチェーズからなるフランスのユニット。
基盤となるテクノ・サウンドに、世界各国の民族音楽をサンプリングしているユニットで、
ジャンルとしては「ニュー・エイジ」になるのですが、彼らの最盛期にはヒーリングやアンビエントとして位置づけられていました。

このアルバムは、彼らのベスト版で、アフリカ・東欧・アジア・・・と、西欧文化圏に属さない地域の民族音楽を
取り入れてきた、まさに「エッセンス」とも呼べる作品です。



ESSENCE OF THE FOREST/DEEP FOREST
1. Sweet Lullaby
2. Marta's song - Avec Marta Sebestyen
3. Night bird
4. Anasthasia
5. Freedom Cry
6. Desert walk
7. Dignity - Featuring Beverly Jo Scott
8. Ekue Ekue
9. L'île invisible
10. Yuki song - Featuring Beverly Jo Scott
11. Deep weather
12. Far east
13. Deep blue sea - Featuring Anggun
14. Lament
15. La lune se bat - avec les étoiles
16. Twosome (Marta et Katalin version)
17. Will you be ready
   Featuring Angela Mc Cluskey & Hajime Chitose
18. In the evening
19. Will you be ready (Be prepared Remix)
   Featuring Hajime Chitose,& Angela Mc Cluskey
20. Yuki song (Remix) - Featuring Beverly Jo Scott
21. Sweet Lullaby (2003 Version) - Featuring Ana Torroja

投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!



荒涼としたアフリカの大地に暮らす人々の歌声は、原始的であり、それゆえに強く心に響くものがあります。
決して文明的ではないが、自然と向き合う過酷な生活の中で唄われる歌だからこそ、僕らのような文明社会に生きる者にとっては、斬新でもあり寂寥感と優しさが入り混じった、何とも言えない感覚になります。

「人類はアフリカの1人の女性(イヴ)から誕生した」
不確かな記憶ですが、過去にそういったDNA的な説明を聞いたことがあります。
だとすると、これは僕らの遠い記憶に埋め込まれた原初の唄…
そう考えると、#1「Sweet Lullaby」が人類の子守唄のような気がしてくるのです。

■Sweet Lullaby


中近東~東欧にかけて移住生活を続け、独特の文化を持っている「ジプシー(ロマ)」
歴史上、いかなる時代でも差別と迫害を受けてきた彼らの音楽は、切なさと儚さが同居し、そして生に対する喜びを表現したものが多いと、個人的に思っています。
感傷的でいて、伸びやかでノスタルジックなメロディーは、抑圧され続けた彼らの精神を音楽で開放しているんだ、ということに気づかされます。

#2「Marta's Song」は、彼らの自由な精神世界が、美しく表現されている傑作。
女性ヴォーカルが、アジアの民族音楽のように聞こえるのも、ノスタルジックな気持ちにさせてくれます。

■Marta's Song


このアルバムには、ピーター・ガブリエルと共演した映画『ストレンジデイズ』のテーマ曲でもある
「ホワイル・ジ・アース・スリープス」や、ホンダのCM曲として大ヒットした「フリーダム・クライ」、
元ちとせとのコラボ「ウィル・ユー・ビー・レディ」の新バージョンなどが収録されています。
単なるワールド・ミュージックにとどまらない彼らの魅力が堪能でき、バーチャルな世界旅行に出かけられる1枚です。


投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へOKGO!!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


Poison / Poison's Greatest Hits 1986-1996
01. Nothin' but a Good Time
02. Talk Dirty to Me
03. Unskinny Bop
04. Every Rose Has Its Thorn
05. Fallen Angel
06. I Won't Forget You 
07. Stand
08. Ride the Wind
09. Look What the Cat Dragged In
10. I Want Action
11. Life Goes On
12. (Flesh & Blood) Sacrifice
13. Cry Tough
14. Your Mama Don't Dance
15. So Tell Me Why
16. Something to Believe In
17. Sexual Thing
18. Lay Your Body Down

投稿者:ライム
Lime と Lemon のささやかな BLOGへGo!


みなさんこんばんは。最近ブルーな日が多いライムです。元気でねぇーYO!さて、昨日6月9日は「ロックの日」!シック○ナインだろ?と思った貴方。いたって正常ですが、ここはアダルトブログではないのであしからず・・・・。

紹介するのは、昨日久しぶりに棚から引っ張り出して聴いたPoisonのベストアルバム。このアルバムは、バンドのデビュー10周年を記念し1996年にリリースされました。

評論家から「カッコばかりでろくに演奏できない」などと批評され、また、コアなメタルファンからは(その売れ筋路線のポップな楽曲のため)毛嫌いされたPoisonですが、この作品を聴けば、彼が非常に豊かな音楽的才能を有していたかがわかります。

彼らの魅力はそのポップで爽やかな楽曲たち。ロックは好きだが「メタル」となるとちょっとダメかな。。という人でも、すんなり馴染めるような楽曲でいっぱいです。かのBon Joviとも肩を並べられるほどの大衆性をもってます。

今まで食わず嫌いだった人も、1度彼らの軌跡を辿ってみてはいかかでしょう。ロックチューンは底抜けに楽しく、バラードはとにかく切なく甘酸っぱい。そんな彼らの楽曲を聴きながら、僕は青春をノーテンキに過ごしていました。ほんと1曲1曲に思い出がいっぱい詰まってます。


いつもカラーリングに失敗していた優男の"ジョニー"。一見クールだけど、彼女の前では超甘えん坊の”ひろ”。よく3人でつるんで、バカなことしてたよな・・・・。あの頃は3人でいるのが当たり前に思っていたけど、今考えるとあの時が一番楽しかったよ。最近はなかなか連絡もとれなくってしまったけど、俺はずっと親友だと思ってるよ。我等3バカに栄光あれ!


■ Fallen Angel




■ I Want Action(ちょっと音量小さくてスミマセン)





■ Every Rose Has Its Thorn





投稿者:ライム
Lime と Lemon のささやかな BLOGへGo!




参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


WAIT FOR YOU/Elliott Yamin
1. Wait For You
2. One Word
3. Find A Way
4. Movin' On
5. You Are The One
6. I'm The Man
7. Train Wreck
8. Free
9. Alright
10. Take My Breath Away
11. A Song For You
12. In Love With You Forever
13. Believe

投稿者:こんこんぶつゆ
洋楽×洋楽 こんこんぶつゆの洋楽紹介サイトへ~OKGO!!


このアルバム『Wait For You』は、スターゲイト、ジョシュ・エイブラハムといったプロデューサーのバックアップを得て完成しました。ポップ、R&B、ヒップホップなど様々な要素が詰まった一枚に仕上がっています。ジェイムス・モリソンやダニエル・パウターやジェームス・ブラントが好きな人は気に入るかもしんないです。

エリオット・ヤミンはL.A.生まれの現在29歳。13歳のときに右耳の鼓膜が破れ聴力を失い、16歳のときには1型糖尿病であることが発覚、その後、17歳から働き始め、靴屋の店員、調査会社勤め、薬局の店員、ラジオ・パーソナリティなどの様々な仕事をしていました。エリオットが歌が好きでうまいことを知る友人の「お前も出ろよ、何を失うものがあるんだ?」の問い掛けにオーディション番組にでることを決意し、2006年、「アメリカン・アイドル~シーズン5~」のファイナリストで第3位。その歌声で審査員のポーラ・アブドゥルも涙し、スティービー・ワンダーからも「歌手になれ」と絶賛されました。オーディション番組で突然有名になった事を聞かれ、彼は、「糖尿病を患う多くの若者から、僕が希望を与え、音楽の力を信じる様になったと言われる。彼らの葛藤や、苦難などを聞く。僕がオーディション番組で栄冠を手にする様子は、自分が本当に欲しいものを掴むような刺激になったと。他人の人生で、僕がそんな役回りを演じてるなんて、凄いと思う」と答えました。2007年春に本国でデビュー。1stシングル「WAIT FOR YOU」はUS HOT100で13位、US POP100では5位を記録しました。自身の経験からアメリカ糖尿病団体と青少年の為の糖尿病研究団体のための基金に寄付をしたりと有名になった今でも糖尿病の社会的活動をしています。

おすすめの曲は、「Wait For You」、「I'm The Man 」、「In Love With You Forever」、「Believe」です。
ポーラ・アブドゥルを泣かした「A Song For You」も収録されてます。

では、アルバムから「Wait For You」聴いてください。どうぞ。




2ndシングル、「One Word」聴いてください。どうぞ。


静止画ですが「Believe」聴いてください。どうぞ。



※もっと詳しくエリオット・ヤミンを知りたい方は公式サイトをどうぞ。

Elliott Yaminの公式サイトhttp://yamin.jp/index.html


投稿者:こんこんぶつゆ
洋楽×洋楽 こんこんぶつゆの洋楽紹介サイトへ~OKGO!!




参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。