わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
スタンゲツSextet/Carla Bley
1. More Brahms
2. Houses and People
3. Girl Who Cried Champagne
4. Brooklyn Bridge
5. Lawns
6. Healing Power

Carla Bley (Organ)
Hilam Bullock (Guitar)
Larry Willis (Piano)
Steve Swallow (Bass)
Victor Lewis (Drums)
Don Alias (Percussion)
                      1986

投稿者:pooh
「じゃずりんぐ★」へGo!!


最近私がはまっているアーティスト、カーラ・ブレイ。
『ライヴ』 を初めて聴いて感動。
また、『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』 のカーラ・ブレイも
素晴らしい。

そして、このアルバム、『セクステット』。
これって最初聴いた時は、なんか聴いたことあるフュージョン・サウンドって
思ったけど、聴けば聴くほどに深みを増してきて、すごくいい。

カーラ・ブレイはピアニストというよりも、作曲家としての才能がすばらしい。
彼女のつくる曲は最高にステキだ。

ほとんどの曲がマイナーキーで構成されているそう。
そのせいか、明るさの中にも、切なくリリカルな雰囲気が漂う。
シンプルなメロディの中に感じる悲哀と叙情。

こんなにもわかりやすいメロディなのに、これほど感動を与えられる音楽を
作れるなんてすごいなぁ。

ギターとピアノの旋律が切なく響く。
カーラのオルガンは優しくやわらかく、ドラムはスカッと切れが良くかっこいい。
全体のサウンドもシンプルでとても聴きやすいし、音が最高に綺麗でクリア。!

特に5曲目の「Lawns」 のシンプルすぎるメロディには涙出ちゃいそう。
音楽って実はわかりやすいものの方が心に響くのかなぁとあらためて感じたりする。

最近、静かな雰囲気の音楽がとても心地よい。
年末だけど、今年やり残したことなんて振り返らずに、静かにしずかにこんな音楽聴いて
終わりにしたいなぁ。


■Healing Power(アルバムのものではないかもしれませんが)



■ハレルヤ!(カーラ・ブレイ『ライヴ』よりbyUP係イイと思ったので一緒に)



投稿者:pooh
「じゃずりんぐ★」へOKGO!!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪




もうそんなに紹介できる曲もないので
今回は「アルバム」という括りに入るか疑問ですが
個人的には非常にお薦めの一枚を



[今年最後の byしすけん]の続きを読む
オアシスThink Tank/Blur
1. My White Noise/Ambulance
2. Out Of Time
3. Crazy Beat
4. Good Song
5. On The Way To The Club
6. Brothers & Sisters
7. Caravan
8. We've Got A File On You
9. Moroccan Peoples
10. Sweet Song
11. Jets
12. Gene By Gene
13. Battery In Your Leg

投稿者:おまみ
おまみゅーじっくブログへ~OKGO!!



ブラーの再結成とグレアムの復帰がブラーの公式サイトで発表されました!!


ブラーNME


今度こそは、今度こそは本当のようです!嬉しすぎる!!ニュースを見た瞬間、震えました。

ブラーは2003年にギタリストのグレアムが脱退し、グレアム抜きで制作したアルバム『Think Tank』を発表した後、事実上の活動休止状態に入っていました。

再結成の噂は今まで何度もありましたが、その度に期待を裏切られてきた事もあって、もうブラーは終わってしまったんだ…と、なかばあきらめかけていました。

ところが先月、「デーモンとグレアムが仲直りランチ」、「グレアムとアレックスがデーモンのオペラを鑑賞」、「ブラーの再結成と来年のアルバム発表をデーモンが宣言」…こんなニュースが次々飛び込んできました。

これはひょっとしたらひょっとするかも…と思っていた矢先、公式サイトで「来年、ロンドンのハイド・パークでグレアムを含む四人のメンバーでスペシャル・コンサートを開催する」という事が正式に発表されました!

前回ブラーの記事を書いた後、発売当時に買うのをためらっていた『Think Tank』を買いました。グレアムが抜けても変わらずブラーであり続ける事が出来るのかな…?と、ちょっぴり不安もありました。でも、聴いてみると凄く良かったです!!あれこそブラーです!!

グレアムがいなくても全然ブラーらしさが失われていないアルバム…というよりも、グレアムのギターテクニックには到底及ばないものの、ほぼ全てのギター・パートを担当したデーモンがギターのレベルを保つ事で、グレアムが戻ってくる場所を残しておいたアルバムのように感じました。

「Crazy Beat」にグレアムのギターが加わったらどんな凄い事になっちゃうんだろう?…なんて、気が早いですけど妄想したりしてます。とにかく、来年のブラーの活動がめちゃくちゃ楽しみです☆


■Blur 「Crazy Beat」




■Blur 「Out Of Time」




■Blur 「Tender」




投稿者:おまみ
おまみゅーじっくブログへ~OKGO!!


参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


Mama Said/Lenny Kravitz
1. Fields Of Joy
2. Always On The Run
3. Stand By My Woman
4. It Ain't Over 'Til It's Over
5. More Than Anything In This World
6. What Goes Around Comes Around
7. The Diference Is Why
8. Stop Draggin' Around
9. Flowers For Zoe
10. Fields Of Joy (Reprise)
11. All I Ever Wanted
12. When The Morning Turns To Night
13. What The... Are We Saying?
14. Butterfly

投稿者:つっしゃん
お気楽days 洋楽のことお気楽に語ってます へ~Go!!


レ二ー・クラヴィッツによる91年発表の2作目です。

9月の来日公演に行こうかなと思っていたんですが、結局全公演中止になってしまいま
したね。

89年にデビューしたニューヨーク出身のレ二ー・クラヴィッツは、ジミヘンとジョン・レノン
の強い影響を感じさせるサウンドで大きな注目を集めました。

このセカンド・アルバムでも、すべての楽器を一人でこなしながら、知的なセンス溢れる
、ポップで刺激に満ちたサウンドを作り上げています。

このアルバムからシングル・カットされた、モータウン風のストリングスが印象的な楽曲
「It Ain't Over 'Til It's Over」は全米2位を記録する大ヒットとなり、他に「Always On The
Run」もヒット、「Stand By My Woman」もシングル・カットされました。

その「Always On The Run 」と「 Fields Of Joy」の2曲には、高校時代からの付き合い
となる元ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュがゲスト参加 し、「Always On The Run 」
のビデオ・クリップにもスラッシュは出演しています。
「Always On The Run 」はすごくギター・リフがカッコいい曲で、レ二ーとスラッシュの
からみがたまらないです。

また、「All I Ever Wanted 」でショーン・レノンとコラボしたことでも、当時大きな話題と
なりました。

翌年には、ヴァネッサ・パラディのアルバム「Be My Baby」のプロデュースを手掛けて、
彼女を音楽フィールドでの成功へ導いたことを発端に、マドンナに提供、プロデュース
した「Justify My Love」が全米1位を記録したり、その後も、エアロスミス、プリンス、
ミック・ジャガー等とコラボするなど、単にアーティストとしてのみならず、マルチクリエイ
ターとして高い評価を集めることになりました。


■「It Ain't Over 'Til It's Over 」





■「Always On The Run 」




■「Stand By My Woman」





投稿者:つっしゃん
お気楽days 洋楽のことお気楽に語ってます へ~OKGO!!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪



1996/坂本龍一
1. ゴリラがバナナをくれる日
2. Rain
3. 美貌の青空
4. The Last Emperor
5. 1919
6. Merry Christmas Mr.Lawrence
7. M.A.Y.in the Backyard
8. The Sheltering Sky
9. A Tribute to N.J.P.
10. High Heels-Main Theme
11. 青猫のトルソ
12. The Wuthering Heights
13. Parolibre
14. Acceptance(End Credit
15. Before Long
16. Bring them home

投稿者:英華
☆英華の天然温泉☆ Laugh and grow fat♪ へ~OKGO!!


どんだけベタだと言われようが、私の中ではNO.1のクリスマスソングきらーん

クリスマスソングと言うよりも、マイベスト3に入っている大好きな曲です~(゜ー゜*)

皆様ご存知、 映画 『戦場のメリークリスマス』 のサウンドトラック。

教授自身、作曲中に何度も涙を流したとか・・・。

ピアノに弦楽器が加わり、また違った美しさのLIVEバージョンですおんぷ



■坂本龍一 『Merry Christmas Mr. Lawrence 』



投稿者:英華
☆英華の天然温泉☆ Laugh and grow fat♪ へ~OKGO!!


参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。