わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wouter Hamel /Hamel
1. Details
2. Cheap Chardonnay
3. Just What I Need
4. Fantastic
5. Breezy
6. Ride That Sunbeam
7. A Distant Melody
8. Nothing’s Any Good
9. Interpretation of Love
10. Don’t Ask
11. Would You
12. Useless Fraud
13. As Long As We're In Love (*bonus track)
14. Maybe I'll Enjoy It Next Year (*bonus track)

投稿者:えみゅーる
ノスタルジック ローズへGO!!


オランダ…と聞いて思い出すこと「チューリップ」と「風車」、「蘭学」に「サッカー」。
そしてもうひとつ、連想ゲーム参戦な名前が出てきました。
それがこのアルバムの作者
”Wouter Hamel (ウーター・ヘメル)”
1977年、オランダはハーグ生まれの32歳。
ティーンの頃はP.j.ハーヴェイやスマッシング・パンプキンズ、ジェフ・バックリィなどが大好きなロック少年だった彼、音大へ進学し音楽を本格的に学び始めそこでジャズの奥深さに目覚めたそうです。

05年、ドイツで行われたジャズ・ヴォーカリスト・コンペで男性ボーカリストとして初めて優勝。
その後、数々のフェスやTVに出演。着実にジャズシンガーとして、実績を積んで来ました。
ロック少年からジャズボーカリストへって事でジェイミー・カラムを
思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが彼のボーカルはジェイミーよりスイートで柔らかい。
”新世紀のシナトラ”というキャッチを着けられえるほど。
声の感じはジェイミーよりマイケル・ブーブレの方に近いかな。
”艶やか”さ”艶っぽ”さ、”ワイルド”さではマイケルの方が一枚上手ですが
”まろやか”さと”爽やか”さはウーターの圧勝。

そんな彼の1STアルバムである本作はその”声”を活かした名曲のカバー集かと思いきや
意外にも総てがオリジナル曲。
耳馴染みのよいキャッチーでPOPなメロディーはポール・マッカトニーばり。
そしてとてもスインギン!

プロデューサーは最近コーセーのCFで使われているジョバンカのプロデュースもしている、
同じくオランダ出身のベニー・シングス。

キラキラとしたサウンドプロダクトは今の時期にぴったりです。














投稿者:えみゅーる
ノスタルジック ローズへGO!!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


スポンサーサイト
先日、普通の日記を書くと言いつつも
そーいえばUP係さんのListenin’にお薦めのアルバムを紹介することを
約束していながらまだだったのを思い出したので...


というか、言い訳させてもらえば
このアルバムを、とは早い段階で考えてて
ずーっと書かないといけないなー、とは思ってたんですけど

いかんせん上手い紹介の文章が書けませんでした
本を読むのは好きだけど、文章を書くのは苦手なのよね~( ̄▽ ̄)

いずれにしても、いままでの例にたがわず音楽評にはなっておりません^^;
UP係さん、ご容赦下さい(ーー;

と、ここまでの言い訳は置いといて下記の内容のUPをお願いします。(`・ω・´)ゞ


投稿者:しすけん
しすけんの「徒然日記」へOKGO!!



[Dixie Chicks - Home]の続きを読む
さて、この間の『NEW DIVIDE』に続いて日本ではミニアルバムの方がリリースされました。

今回リリースされた『SONGS FROM THE UNDERGROUND』なんですが
本国のアメリカでは、既に2月にBestBuy限定で発売されていましたね。
日本(アジア)ではサマソニ来日に合わせてリリースとなりました。

このアルバムの元の音源は、『LP Underground』・・・Linkin Parkのオフィシャルファンクラブ
の入会特典で付いてくるCDに収録されているものから集められてます。

だから、今のLinkinより少し前のLinkinの音が聞くことができます。




Songs From the Underground /Linkin Park
1.Announcement Service Public
2.Qwerty (Studio Version)
3.And One
4.Sold My Soul To Yo Mama
5.Dedicated (Demo 1999)
6.Hunger Strike (Live From Projekt Revolution 2008) / Chris Cornell Feat. Chester Bennington
7.My December (Live 2008)
8.Part Of Me


投稿者:ハル
My Fishing Life・・・初心者のルアーフィッシング釣行記へ~OKGO!!




リリースされたのは『Minutes To Midnight』の後、
でも収録音源自体は『Hybrid Theory』以前の曲から『Meteora』の頃と時間の流れが交差します。

なのでLinkin Parkのアルバムと言うよりはLinkinの前身のバンド「Hybrid Theory」の
アルバムって言ったほうが良いような気もwww

アルバム自体は...
これはファンならまず知っている♯2.QWERTY。
06年のサマソニでプレイされていましたね。
今回収録されたVer.とは違ったと思います。
ちなみに、サマソニの時の映像はコチラ...



↑コレは色んな意味でありなんでしょうかね???

♯4.5はLinkinよりマイクのソロ名義Fort Minorぽいって感じを受けました。
ロック(ミクスチャー)よりHip Hop色の強い楽曲となってます。
♯6.Hunger StrikeはTemple Of The Dogのカバー曲。カッコいい!!!
♯7.8はHybrid TheoryからのライブVer.とメジャーデビュー前のHybrid Theory EPから。
♯7.My Decemberはマイクのピアノの音、チェスターの歌声に引き込まれてしまいますwww
Linkin Parkのバラード曲はライブではこんな感じで、マイクとチェスターの2人でプレイされる事が多いですね。
♯8に関してはちゃんと最後までがんばって聞いて!としか言えませんwww

あと日本盤の特典は特に...
まぁ、ファンクラブの1ヶ月間無料お試しが付いている事かな?
ファンクラブのサイトから「Crawling」のLIVE ver.が無料でDLできます。

最後に僕的に1番好みだったのは意外にも♯1.Announcement Service Publicだったりしてw
ほぼインストの曲。チェスターの声はサンプリングって表現で良いのかな?
声って言うか、もう音って捉えて聞いてしまいました。
ゴメンナサイ。すごく抽象的な表現で...何が言いたいか分からないですよねwww
完全に頭の中はステージの上に立っている5人のメンバーの姿が見えてます。
今からライブが始まるって勝手に想像してしまってますw
これ系の曲って高揚感あって好きなんですよ...

アルバムのレビューって難しい...

あとおまけw
知らない間に、こんな事もしてたんですねw





投稿者:ハル
My Fishing Life・・・初心者のルアーフィッシング釣行記へ~OKGO!!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪





MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE/吉澤はじめ
1. CRESCENT MOON
2. KEEP IT MOVIN' (featuring vocal.FACE)
3. RISE ME UP (featuring vocal.akiko)
4. BEYOND THE SUNSHINE (featuring vocal.Nina Milanda)
5. VERAO NO AR (featuring vocal.CATIA)
6. SWEET WAY (featuring vocal.Vannesa Freeman)
7. ARPEGIO IN THE FOREST
8. WALTZ FOR JASON (featuring vocal.JASON)
9. 終わらない夢 (featuring vocal.AMADORI)
10. A LITTLE BIT OF JOY (featuring vocal.AMADORI)
11. 冬の子ども
12. IMPULSE
13. BELIEVE AGAIN (featuring vocal.Vannesa Freeman)
14. FAVORITE VIRTUAL KISS (featuring vocal.FACE)
15. THE ROOM (featuring vocal.RIA)
16. この道 (featuring vocal.bird)

投稿者:ガチャどら
ガチャどらの毎日がワールドカップへGO!!


SLEEP WALKERのメンバーとして名高い吉澤はじめのソロとしては2枚目となるアルバム。

パルコCMソング「BEYOND THESUNSHINE」からbirdをフィーチャーした
童謡「この道」まで収録されている。

Faceが歌う切れ味鋭いKeep it movin'はかっこいい曲に仕上がっているので
1度でいいから聴いてもらえたらいいなと思う。

WALTZ FOR JASONは一味違う感覚のジャズで楽しめる。

個人的にはジャズとダンスミュージックが融合したクロスオーバー・ミュージックでは
ないでしょうか?

オシャレな曲が多いので是非おすすめしたいアルバムである。


■BEYOND THE SUNSHINE





■Keep it movin'




投稿者:ガチャどら
ガチャどらの毎日がワールドカップへGO!!


参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。