FC2ブログ
わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋を感じさせるようになった今日この頃。
芸術の秋、読書の秋、食欲の秋。
どれもが私好み。

でもやっぱり好きな音楽、それも芸術を感じさせるもの。
それにぴったりなのが、このアルバム。
セシル・テイラーの 『ユニット・ストラクチャーズ』。


ユニット・ストラクチャーズ/セシル・テイラー
1. Steps
2. Enter, Evening [Soft Line Structure]
3. Enter, Evening [Alternate Take]
4. Unit Structure/As of a Now/Section
5. Tales (8 Whisps)

Cecil Taylor(p)
Eddie Gale Stevens(tp)
Jimmy Lyons(as)
Ken Mcineyre(as,oboe,bcl)
Henry Grimes(b)
Alan Silva(b)
Andrew Cyrille(ds) 
1966年録音
 
投稿者:pooh
「じゃずりんぐ★」へGo!!


セシル・テイラー。アヴァンギャルド・ジャズ、フリージャズの巨匠。
昨年の山下洋輔とのデュオ・ライブはすごかった。
音の響きは素晴らしく、打楽器でもあるかのように鍵盤をたたく。
その音の響きの大きさのすごいこと。かなり感動したことを憶えている。
これほど力強い弾き方のできるピアニストがいるだろうか。

フリージャズというとあまり規制のない音楽と思われている。
しかし、セシル・テイラーは、「よく書き込み計画した音楽をつくっている、枠のあるもの、
その中でソロの展開をしている」
と、セシル・テイラーの音楽をとらえている人が多いらしい。

そんなことは私にはよくわからないが確かに聴いていると、とてもまとまりがあると思うし、
皆がただてんでにやってる感じはしない。
だからとても聴きやすいし、普通のフリージャズとも違うかんじがする。

聴いていると現代アートのような芸術性を感じる。
抽象画とかよく意味のわからないオブジェのような雰囲気も感じる。

1曲ずつがまとまりあるユニットになっていて、とても情緒的でもある。
現代音楽にも通じる音楽。
ジミー・ライオンズのasもとてもいい。

まさに芸術の秋を感じさせるアルバム。



■このアルバムではありませんがセシル・テイラーのソロ演奏です!!(byUP係)   





投稿者:pooh
「じゃずりんぐ★」へGo!!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


コメント
この記事へのコメント
UP完了です!!
ちょっとアルバム「ユニット・ストラクチャーズ」の音源が見つけられなかったので、セシルのこの演奏を
UPさせていただきました!!
個人的になんか「芸術」感じましたので!
2008/09/08(月) 20:44:59 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
芸術は爆発だ~!
って感じで、このYou Tubeすごいです。映像でみると迫力倍増ですね。
LIVE行ったこと思いだします。

UP係さん、ありがとうございます。
2008/09/08(月) 22:15:28 | URL | pooh #3iNXO6Ik[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://listenin.blog82.fc2.com/tb.php/121-ced48ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。