わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつて狂ったように聴いていた情熱は次第に色あせ、もはや過去を懐かしむだけの道具となっていた彼らの楽曲の数々。メディアから伝わってくる近況も、メンバー交代劇やニューアルバムに関する確信の持てない情報ばかりで、いつしか僕は、ニューアルバムの話そのものを都市伝説的なニュアンスで捉えていました。

GUNS AND ROSES 「CHINESE DEMOCRACY」

オリジナル・アルバムとしては、1991年の「USE YOUR ILLUSION 1&2」以来、実に17年ぶりのアルバム。現実に手にすることが無いと思っていたガンズのニューアルバムを、遂に手にすることができました。
正式な発売日は、明日22日なのですが、予約していたので今日ひと足先に入手することができましたので、さっそくアルバムレビューを書きたいと思います。



チャイニーズ・デモクラシー/ガンズ・アンド・ローゼズ
1. チャイニーズ・デモクラシー
2. シャックラーズ・リヴェンジ
3. ベター
4. ストリート・オブ・ドリームス
5. イフ・ザ・ワールド
6. ゼア・ワズ・ア・タイム
7. キャッチャー・イン・ザ・ライ
8. スクレイプト
9. リヤド・アンド・ザ・ベドウィンズ
10. ソーリー
11. I.R.S.
12. マダガスカル
13. ディス・アイ・ラヴ
14. プロスティテュート

投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!


やたら大きなカゴのついた自転車と、壁に「GUNS N' ROSES」の落書き。ジャケット表紙の右下には、新しいロゴでしょうか、なぜか「民主」の文字が。
「なんだこれ?笑」…それがアルバムジャケットを見た正直な感想でした。

表紙以上に中身も奇抜で、メンバーのチープ極まりない写真のカットと、中国風のダサさ全開のアートワーク(笑)。曲名を「夢想街道」とわざわざ漢字で表記してみたり、「中国的民主制度」や「元」といった漢字がアートの一部として書かれています。毛沢東の顔まで…。
個人的にはジャケ裏の絵の方がガンズらしくて好きです。
こっちが表の方がカッコいいかと。

「CHINESE」と「DEMOCRACY」という、どう考えても反対語のような単語をくっつけてアルバムタイトルにしてしまうあたり、ついアルバムコンセプトに対して深読みをしてしまいがちですが、過去にアクセルがインタビューに応えているように、単に言葉をくっつけたら面白い響きだった、というのが真相のようです。アクセルらしい"思いつきの産物"なわけですね。

さて、今回のアルバムからガンズは完全にアクセル・ローズの1人舞台になり、スラッシュ、ダフ、イジーがいないことは周知の事実なわけですが、そういった悲しい現実は、もうとっくに受け入れてしまっているので、それほど悲観的にはなりませんが、僕に残された問題は彼らのいないサウンドを、ガンズとして受け入れられるかどうかにありました。

只今、購入してから約7時間、聴き始めてから7周目が終わろうとしていますが…。


これはガンズです。何の疑いもなく。僕の不安は、ただの杞憂でした。
心配して損しました…まったくバカバカしいです。




1 CHINESE DEMOCRACY
サイレンと喧噪、空気を切り裂くギター、そしてアクセルの超高音シャウト。17年ぶりの記念すべき1曲目「Chinese Democracy」の最初の歌詞は、"It don't really matter(そんなにたいしたことじゃないのさ)" もうこれで僕は満足です。アクセルはアクセルでした。また1つ、ガンズの歴史に残る名曲が増えた…そんな衝撃です。

オフィシャルではないですが…



2 SHACKLER'S REVENGE
1曲目に引き続き、高音と低音をかぶせてくる手法や、オルタナを連想させるサウンドは「USE YOUR ILLUSION 1&2」でも実験的に行われていましたが、アクセルが表現したかったサウンドの完成形を見るような曲です。疾走感が最高。X-BOXのゲームで使用されることが決まっているので、アルバム制作が早い段階で完成していたことを裏付ける曲です。

3 BETTER
これはイイですね!! アクセルもお気に入りのようで、2007年の来日公演でも披露された曲の1つです。印象的なイントロ、エレクトリックなエフェクトと地を這うようなへヴィネス、アクセル特有の語りにも似た流れるようなメロディーと、サビのシャウトにゾクゾクさせられます。全体的に新しいガンズ・サウンドを感じる曲。

4 STREET OF DREAMS
美しいピアノから始まる、ガンズお得意のハードロック・ブルース。今回こういった曲は聴けないのでは?と思っていたので、意外にも嬉しい1曲です。歌い出しで「そんな歌い方するなよ」と思ってしまいましたが(笑)、サビのエモーショナルなボーカルは相変わらず心に響きます。2007年来日時には"The Blues"というタイトルでした。

5 IF THE WORLD
これはガンズとしては珍しいメロディーですね。中近東風、ラティーノ、R&B、ブルース、すべてが混在した作品です。ライナーノーツによるとディカプリオとラッセル・クロウの映画「ボディ・オブ・ライズ」のエンディングで使用されるという曲は、どうやらこの曲のようでした。

6 THERE WAS A TIME
アクセルもギターを弾き、オーケストラを使った壮大なロックバラード。過去の静と動がハッキリ分かれていたバラードとは明らかに違う、今のガンズのバラードを知ることができる曲だと思います。中盤のコーラスからのギターとアクセルのボーカルは、とにかく圧巻の一言。力作バラードの曲時間が長いのは相変わらずです(笑)

7 CATCHER IN THE RYE
前曲に引き続いてのバラード。「またかよ」と一瞬思ってしまいましたが、これは曲順の構成が悪いのかもしれません。この曲単体としては非常に素晴らしい仕上がりで、アクセルらしい人生観を綴った歌詞と、何よりもアクセルのボーカルが最高です。じわじわと曲の良さが分かってフェイバリットになる曲というのは、こういう曲だと思います。

何を隠そう、ブライアン・メイが参加したのはこの曲です。
しかし残念なことにブライアンのパートはカットされたようですね。正式に参加表明があったのにクレジットされていませんし。

8 SCRAPED
アルバム後半戦は、タイトなサウンドからスタートします。同じ歌詞をタイトにリフレインさせるところがキャッチーな印象を残すこの曲は、ミディアム・テンポやバラードで緩んだ脳に、鮮やかな閃光のように突き刺さります。

9 RIAD N' THE BEDOUINS
超高音で"Ah~"とシャウトさせたら、おそらくアクセルに並ぶ者はいないでしょう。エフェクトさせているとはいえ、アクセルのハイトーン・ボーカルが骨の髄まで沁みるような曲です。ギターもリズミカルでスリリング。ボーカルとギターが絡みつくようなサウンドはガンズの得意技ですね。

10 SORRY

個性的な曲が多い本作の中でも、一味違った濃いブルージーな側面が垣間見られる曲です。曲中で低音と高音ボイスを使い分け、2つの声を効果的に重ねているのが印象的。しかし、アクセルが「SORRY」なんて言葉を使うので少し驚きましたが、歌詞は相手を散々非難したうえで"I'm sorry for you(お気の毒)"と、皮肉たっぷりです。コーラスにセバスチャン・バックが参加していますね。

11 I.R.S
こちらも2007年来日時に披露された曲の1つ。この曲を聴いていると、もしかしたらアクセルはハードロック・ブルースをやりたかったのかも、なんて思ってしまいます。今のアクセルは、突き抜けるような疾走感のある曲ではなく、どっしりとした重厚なサウンドが好みなのかもしれませんね。ちなみにI.R.Sとはアメリカの国税庁の略語のようです。

12 MADAGASCAR
様々な映画のセリフが盛り込まれているのが印象的な歌詞。使われているのは「暴力脱獄」・「ブレイブハート」・「カジュアリティーズ」・「セブン」・「ミシシッピ・バーニング」などの映画と、キング牧師の演説なのですが、ガンズ・ファンは聴き逃さないでしょうね。"What we've got here is・・・"というセリフ、あの"Civil War"のイントロでも使われた、故ポール・ニューマンの傑作「暴力脱獄」のセリフです。

13 THIS I LOVE
本作で唯一のアクセルによる作詞・作曲がこの曲です。さすがというか変わっていないというか、クレジットで確認するまでもなく、これはアクセルによる作曲だと分かりますね。もちろんピアノはアクセルが弾いています。美しいメロディーもそうですが、ギターも聴かせてくれます。これがスラッシュだったら…なんて悲しい想像をしてしまう曲。

14 PROSTITUTE

とても昔のガンズからは想像できない、高度に洗練された曲で、まさかラストにベタなラストっぽい曲を持ってくるとは思わなかったので驚きでした。悪い言い方をすると、すごく今風の曲ですが、曲の構成やアクセルのボーカルともに完成度が高いですね。

これは間違いなくガンズであり、発売前の不安は全て無くなりました。
今年最高のアルバム、ここ数年を遡っても他に比類なき傑作です。
ガンズは結局ガンズであり、最高の形で新しい姿を僕にみせてくれました。

この先、過去の栄光に包まれた傑作アルバムと比較する連中が増えるであろうことは予想できていますが、そういった浅薄な考えはいらないです。過去は過去、今のガンズをとことん聴きこみましょう!!

そして、なんと12月15日には輸入限定盤BOXセットが発売されます。
ファンとしては是非手に入れたいコレクターズ・アイテムですね。
予約を希望される方は、下記のリンクからどうぞ!!


Chinese Democracy 輸入限定盤BOXセットはこちら!


特典内容 : ガンズ・アンド・ローゼズ謹製T-シャツ(Lサイズ)
バッジ、キーホルダー、バンダナ、ワッペン、リストバンドなど
(封入アイテム/仕様は変更の可能性もあります)



投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGo!


参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


コメント
この記事へのコメント
☆UP完了☆
to ひさしさん
ガンズのニュ~アルバムUP完了です!!ガンズは知ってるよ!!&
知らないよ!!
っていう皆様のコメ参加も待って
まーす!!
2008/11/22(土) 20:18:00 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~
記事UP早いですね~っ(*^□^*)♪

すごい記録になりそうな勢いですよね~。
ファンの皆さんにとっては待ちに待った発売ですもんねe-267

ひさしさん、ほんとにおめでと~!!(笑
2008/11/22(土) 23:55:09 | URL | 英華 #-[ 編集]
>英華さん
あ!コチラにもコメントいただいてたんですね!!
ありがとうございます。

ガンズって、僕の青春時代を象徴するバンドの1つなんです。
そして17年も沈黙し続けたわけですから、僕の中では、ガンズに対する想いって時間が止まってるんですよね。

少し暴走ぎみの興奮が抑えられませんが、皆さんの失笑をかわないよう、控えめに興奮したいと思います(控えめの興奮って何…?笑)
2008/11/23(日) 21:18:00 | URL | ひさし #-[ 編集]
待ってたぉ~
ひさしさんのレビュー
でら(名古屋弁)待ってました。
アルバムタイトルの響きからしてめっさアクセルっぽい(ニヤリ)
映画の主題歌として流れてる曲を聴いて勝手に盛り上がってたのですが、裏切られない内容のようですね。ほっし~コレ!!!
アルバム全曲聴きたい~と思わせるひさしさんの記事、流石です!!
2008/11/24(月) 14:11:47 | URL | えみゅーる #RUrP2LzY[ 編集]
学生の頃はよくカラオケで
welcome to the jungleを歌ってました

てかこの曲以外知らないんですけどね^^;お恥ずかしい

久しぶりに歌ってみたいなー

あ、アルバムも是非聴いてみたいです(*^^*)
(私のパソコンの調子が悪いのかyoutubeが聴けない...orz)
2008/11/25(火) 21:10:03 | URL | しすけん #-[ 編集]
>えみゅーるさん
こんばんは!
コメントありがとうございます!!

コレ、ヤバいですよ!?
アクセルの声は、中毒作用があるので、ご注意ください(笑)
長すぎる歳月と最高の完成度に、いろんな想いが去来してしまって、最初聴いた時なんか、思わず涙が出そうでした…いや出たかも。
ロックで泣いてしまう変態なんです、僕(笑)

サウンドもそうですが、今回のアクセルの歌詞は、どれもヤバいです。
熟成された旨味が凝縮されています!!
2008/11/25(火) 22:03:42 | URL | ひさし #-[ 編集]
>しすけんさん
こんばんは!
おぉ!しすけんさんもカラオケで
ガンズ歌ってたんですね!!
僕も学生の頃は良く歌っていましたよ。
でも声が…全然ダメでした…(笑)

YouTubeダメですか??
僕のブログで全曲フル試聴できますので
よろしければどうぞ♪
2008/11/26(水) 22:07:40 | URL | ひさし #-[ 編集]
こんばんは!
おー、ひさしさんもしすけんさんも「welcome to the jungle」
をカラオケで歌ってたんですね^^
「ナナナナナナナナ二~ズ♪」のとこ、超難しいですよね^^
歌えてました?
この曲は高校の頃、ギターでよく練習してたんですよね、
懐かしいです^^

今回の新作は、前半の曲が特にいい感じで気に入って
ます!!

実は最近「アペタイト~」のほうも、新作と並行して久しぶりに
よく聴いてるんですよね^^
こちらのブログでも、近日中に記事にしようかななんて考えて
います。
2008/11/28(金) 23:15:01 | URL | つっしゃん #-[ 編集]
to つっしゃんさん
つっしゃんさんコメありがとです!!
ガンズはけっこう熱いファン多いようですね!ひさしさんのレス待ちで!!
2008/11/29(土) 21:19:10 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
>つっしゃんさん
高校生の頃は、けっこう上手く歌えていましたよ!!
なんか友達とかも褒めてました。
今じゃ、酒とたばこでダメですね(笑)
あと、カラオケに全く行ってないので、この間数年ぶりに行ったとき、全く歌えませんでした…

新アルバムで、最近僕が特に気に入ってるのは「Better」と「Catcher in the Rye」です!!

「アペタイト~」楽しみにしています!!
2008/12/01(月) 10:42:10 | URL | ひさし #-[ 編集]
はじめまして。
かなり遅いコメントになりますが…
チャイニーズデモクラシーのラスト部分、
ブックレットでは歌詞、対訳ともに
欠落していると思いませんか?
その部分の歌詞と対訳を知りたいのですが…
2009/09/10(木) 00:17:31 | URL | もす #eC0Sn112[ 編集]
to もすさん
このあたりは「ひさし」さんもしくは「ハル」さんの担当となってます!!(笑スミマセン)
レス待ってみましょう~!!

2009/09/10(木) 21:32:19 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://listenin.blog82.fc2.com/tb.php/155-463cc92a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。