わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうそんなに紹介できる曲もないので
今回は「アルバム」という括りに入るか疑問ですが
個人的には非常にお薦めの一枚を



古今亭志ん朝1/古今亭志ん朝
1. お見立て
2. 火焔太鼓





投稿者:しすけん
しすけんの「徒然日記」へOKGO!!


てなことで古今亭志ん朝。

私が落語の面白さに気づいたのはもう大人になってからです。

私の小さい頃はともかくお爺さんばっかりだったような記憶がある。
話し口調も若い自分にはわかりづらかったのかも


一時期、落語ブームってなのがあったので
最近の若い方も見聞きする機会があったかもしれないが
果たして古今亭志ん朝をご存知でしょうか?


youtubeはCDの内容とは別の噺ですが是非聴いてみてください。


江戸時代から伝わる噺なのに今の私たちに伝わる志ん朝の言語感覚。
それでいて古さを崩していません。

そしてまるでJAZZを聴いているようなテンポの良さ


しかしながら、これからさらなる活躍が期待されるという時に
癌でこの世を去ってしまわれました。
2001年、享年63歳でした(ーー


志ん朝の落語を聴くと
噺の面白さに笑いつつ、噺の巧さに感嘆し
そして聴き終わった後に
もう新しい噺を聴くことが出来ない寂しさを少しだけ感じます。


ということで初めて買った志ん朝のCD
古今亭志ん朝1「お見立て」「火焔太鼓」をお薦めします。

もちろんこれに限らず志ん朝はどれも素晴らしいですよ^^


『え、CD? 音声だけなの?』
とお思いの方、試しにyoutubeで音声だけ聴いてみて下さい
手に取るように高座の姿と噺の映像が浮かぶでしょ?(*^^*)




■YouTube - 古今亭志ん朝 - 愛宕山(Part1 of 3)






■YouTube - 古今亭志ん朝 - 愛宕山(Part2 of 3)






■YouTube - 古今亭志ん朝 - 愛宕山(Part3 of 3)





投稿者:しすけん
しすけんの「徒然日記」へOKGO!!



参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


コメント
この記事へのコメント
☆UP完了☆
to しすけんさん
古今亭志ん朝の「愛宕山」
パート3まで、
聴かせていただきました~!!
うまいこと最後は「落ち」もあった
お噺(はなし)でした。笑
ん~お噺で臨場感が伝わるってうのが落語の醍醐味でしょうかね~。
「愛宕山」の中での師匠と弟子の関係が、今でいうところの会社での上司と部下のような関係に近く感じられ、私も含めた一般サラリーマンにとっては、日常生活となっている個性的?な上司への対応の仕方なんてことにまで良いアイデアも生まれるような内容でした。
これを機会に落語も聴いてみたいな~なんて感じますね~!!




2008/12/20(土) 21:15:10 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
up、有難うございます\(^o^)/

暗いニュースも多いし、忙しいけれど
たまには音楽や落語でホッと一息つきたい年の瀬です

今年、色々あった方も最後は笑顔で、お後が宜しいようで...
と、いきたいですね^^(私も含めてw)


今年は音楽のことをほとんど知らない
私のコメント少なめな記事をupしていただいて
有難うございました(*^^*)


ではでは良いお年を!

2008/12/21(日) 17:59:24 | URL | しすけん #-[ 編集]
落語は皆様いかがでしょう~か?
こんばんは!
クラブワールドカップ
ガンバ大阪3位、
リガデキト2位
優勝マンチェスターユナイテッド・・・。
ガンバは今回よく戦いました。
マンチェスター相手に5-3は立派で、
久々サッカーみて興奮&絶叫しましたね。決勝はリガデキト応援してたんですけど、後半10人となったマンチェスターもよくガンバってました!!キトのアルゼンチン出身の「マンソ」はうまかったです!!
と~
先ほど終わりましたサッカーの報告はそこまでとしまして~
しすけんさんの古今亭志ん朝の
落語は皆様いかがでしたでしょ~か?

2008/12/21(日) 21:46:09 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://listenin.blog82.fc2.com/tb.php/163-af452ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。