わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オランダ発のジャズ・ポップ・バンド「ルーム・イレヴン」。
ジャズを基本にしながら、ボサノヴァ、フォーク、ブルースなどを集めて、ポップに仕上げたサウンドが、とてもオシャレでクレバーな雰囲気を持つバンドです。

紹介するのはデビュー・アルバム「Six White Russians & A Pink Pussycat」。
透明感のあるボーカルと、ミニマルなバンド・サウンドが心地よい本作は、オランダで2006年に発売され、デビュー・アルバムでいきなりTop10ヒット&32週間連続チャート・インを記録、見事その年のゴールド・アルバムに輝いています。

冬の寒い日に、部屋を暖かくしてコーヒーを飲みながら愉しみたいアルバムです。



Six White Russians And A Pink Pussycat/Room Eleven
1. All Right
2. One of These Days
3. Sad Song
4. Faith
5. Could That Be You?
6. Flavour
7. Pressing
8. It's Raining
9. You Made Me See It
10. Greenest Grass
11. Come Closer
12. Somedays
13. Tried to Be
14. Listen
15. I Wanna Be Your...

投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGO!!


このジャケット、すごくセンスが良いですよね♪
青いコップを口に、目線を横に向け、手書きの文字に、ガーリーなイラスト。
クールなジャズ、アンニュイなボサノヴァ、暖かなフォーク、キュートなポップス…。
少し乱暴に対比させると、こんな感じでしょうか。

「ルーム・イレヴン」は、ギターのアリエン・モーレマとボーカルのヤナ・スクラを中心とした5人組で、「ルーム・イレヴン」というバンド名は、最初にリハーサルをしたのが、リハーサルスタジオのRoom 11だったことから。そのスタジオのエネルギーが最高だったため、「すべてのステージをRoom Elevenの雰囲気にする」という思いからだそうです。

まるでオルゴールに合わせて口ずさんでいるかのような#1「All Right」に始まる本アルバム。
#2「One Of These Days」のジャジーでポップな雰囲気は、このアルバム、そしてルーム・イレヴンの音楽性を良く表していると思います。ジャジーなのにブルージーなギターも意外とマッチしていてクールですね。

■One Of These Days



センチメンタルなボサノヴァ、そしてキャッチーなサビの#3「Sad Song」は、悲しい歌なのに寒い冬に心が暖かくなるような曲で、僕もお気に入りの1曲。
そして、ここから#4~#6はフォークやブルースのまったりとしたミディアム・ナンバーが続いて、まったりとカフェでBGMを聴いている気分になります。

それにしても、全15曲。なかなかボリュームのあるアルバムなのですが、サラリと聴けてしまうのは、サウンドが統一されていることと、曲のバランスが取れているからだと思います。
暖かな日差しを連想させるボサノヴァ・テイストな#7「Pressing」、ラジオから聴こえてくるようなボーカル・エフェクトがアンニュイな気分になる#8「It's Rainning」、フォーク調のバラードが極上の癒しを届けてくれる#9「You Can Made Me See It」…いろんなサウンドがキラキラと散りばめられていますね。

シンプルなギターとパーカッションのリズムが楽しい#10「Greenest Grass」と、続く#11「Come Closer」のヨーロピアン・ジャズとフレンチ・ポップスを合わせたサウンド、全く違う雰囲気の2曲が並んでいるのも面白いですし、#12「Somedays」や#13「Tried To Be」、そして#15「I Wanna Be Your...」では、フォークやブルース寄りのサウンドを聴かせてくれます。
#14「Listen」は本アルバムで最も静かな曲で、透き通るボーカルと静かに語るように鳴らされるギターが素晴らしいバラードです。

このアルバムの日本初回限定盤には、ボーナス・トラックが2曲収録されているのですが、そのうちの1曲は懐かしいメレディス・ブルックスの「Bitch」のカバー。オリジナルとは違う、哀愁漂う雰囲気がイイですね♪

■Bitch




投稿者:ひさし
Style:Luxury ~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~へGO!!


参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪


コメント
この記事へのコメント
☆UP完了☆
toひさしさん
「ルーム・イレヴン」は「Style:Luxury」で昨年の12月にUPされたアルバムですので、こちらでは季節が若干遅れてしまいましたけど、このアルバムもオールタイムで聴ける一枚ですよね~!!
まだ聴いたことないよ~!!
という方も改めてチェックしてみては?なお洒落なアルバムですナ!!
2009/04/03(金) 20:46:04 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
UPあ疲れ様です!!
UP係さん、こんばんは!
ありがとうございました!!

この辺のサウンドは、寒い冬にイイかなぁ、なんて思っていましたが、
意外と暖かくなってくると、それなりに雰囲気が出ていいですね~!!
って、紹介してる僕が言うのもアレなんですが(笑)


そういえば、最近アルバムの紹介をしてなかったので、
何かイイのがあれば考えておきます!

imeemも無事に貼れたようで良かったです♪
2009/04/04(土) 00:48:42 | URL | ひさし #-[ 編集]
JAZZだったのね
このジャケット見覚えあります!
ずっとPOPSだと思ってました。
(HMVでもROCK&POPSブースにあったものですから…。)
ガーリーなジャケからは想像しがたいブルージーさですね。
One Of These Days はライブで聴いてみたいなって思いました。
2009/04/04(土) 18:50:44 | URL | えみゅーる #RUrP2LzY[ 編集]
>えみゅーるさん
コメントありがとうございます♪
たぶんPOPSでイイと思いますよ!
強引に言ったらジャズ・ポップ??
JAZZをベースにしているのですが、ボサノヴァやフォークなんかも聴けますし、
この辺のサウンドってジャンル分けが難しかったりしますよね~。
ヨーロッパ発のPOPSって、いつもジャンルレスで楽しめちゃう感じで、
結構好きかもしれません♪
2009/04/05(日) 11:25:26 | URL | ひさし #-[ 編集]
to あみさん
コメントありがとう~
ございます!!
このブログ初訪問者のコメ少ない中
かなり貴重です!!
「ひさしさん」のレスをお待ちくださいませ!!(訪問後コメしてくれると思います)
2009/04/09(木) 20:04:55 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
あみさん、コメントありがとうございます。
あまり馴染みのない文章で戸惑いましたが…(笑)
今度は、ぜひ聴いてみた感想なども教えてください!
2009/04/13(月) 19:45:07 | URL | ひさし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://listenin.blog82.fc2.com/tb.php/175-b12994ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。