わたくし達のお薦めアルバム!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リベレーション・ミュージック・オーケストラ

買い物のついでに立ち寄った地元のCDショップで購入。
普通小さなCDショップには、ジャズどころか
フリージャズのアルバムなんて皆無。
でもめずらしく1枚だけそれらしいのがあって。


チャーリー・ヘイデンのリーダーアルバムを聴いたのはこれが初めて。
チャーリー・ヘイデンはオーネット・コールマンやマイケル・ブレッカー、パット・メセニーなど
多くのアーティストと共演しているので他のアーティストとの共演のアルバムは
数枚聴いたことがありますが。

リベレーション・ミュージック・オーケストラは総勢13人で、当時最も創造的な音楽集団
として活動していたJCOA(ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ)に属するメンバー達から
成り立っている。

この作品はスペイン市民戦争をモチーフに製作されていて、政治的な批評もこめられている。

ヘイデンの作品へのコメントとして、 
「戦争や殺し合いのない世界、民族主義を必要としない世界、貧困や搾取も無く、
生命の貴さを尊重し、破壊ではなく保護を貫くことを、全て政治にかかわる人達が
努力してくれる世界を希望しつつ、この作品を捧げたい」 と。

普通のオーケストラは実はあんまり。
でも、オーケストラといってもこれはフリージャズのミュージシャンで構成されているものだから、
かなり趣きが違うかも。

聴いてみると、難しさはまるでなく、壮大な雰囲気の曲やマーチのようなリズム、
民族音楽やフラメンコっぽいものもあり、とても聴きやすい。
メランコリック、なつかしい&叙情的でとても落ち着く。
オーケストラという大勢のミュージシャンの演奏のなのに、それぞれのアーティストの音が
しっかり聴けるし、その個性がよく表れていると思う。

1曲目はメロディがきれいで、わかりやすくとても聴きやすい。
saxもいい感じ。途中からリズミカルになっていく。

2曲目は21分6秒と長い曲。
少しずつソロも交えながら、それでいてまとまりあるオーケストラ演奏になっている。
かなりいろいろな雰囲気の曲が入っていてとても楽しい。
ひとつひとつ丁寧に聴いていると、とてもその長さを感じさせない。
テーマ曲(どれがそれなのかわかりにくいが)は、メランコリックでとてもいい。
デューイ・レッドマン(ジョシュア・レッドマンの実の父)?のsaxがとてもすばらしい。
この2曲目だけでも、かなりいろいろな要素が含まれているので、
1枚のアルバムにしてもいいくらいだ。最高にすばらしい!

3曲目もかなり叙情的でしっとりしている曲。

4曲目は、チャーリー・ヘイデンのベースで始まる静かな曲。
チャーリー・ヘイデンのベースっていままでじっくり聴いたことなかった。
重みのある響きでいい感じだ。
後半から、他の楽器のインプロヴィゼーションも加わって深みを増して壮大に。

5曲目は静に始まる。ピアノの響きがもの悲しい。
やはり叙情的な曲。

6曲目。明るく楽しい曲。親しみやすい。動物たちの鳴き声?も聞こえる。

(6曲目「インタールード」:UP要領の都合でこちらをお聴きくださいませ!byUP係)


7曲目。チャーリー・ヘイデンのベースで静かに始まり、途中から他のミュージシャンがてんでに
フリー・インプロヴィゼーションを繰り広げる。
雄たけび、うなり声、アフリカの草原で戯れる動物たちのよう。
めちゃくちゃ且つ楽しげに。
テーマ曲は楽しく、そしてしっとりとしている。

8曲目。壮大で優雅で。。

ジャズのオーケストラでこんなにすごい作品は初めて。
『渋さ知らズオーケストラ』 ともまた全然違った雰囲気で。
すべての音楽ファンに是非聴いていただきたい!
まさにフリージャズ・オーケストラだ。


1.イントロダクション~連合戦線の歌  (3:10)
2.第5連帯~4人の将軍~第15旅団万歳 (21:06)
3.エンディング (2:09)
4.チェ・ゲバラに捧げる歌 (9:34)
5.戦争孤児 (6:46)
6.インタールード (1:26)
7.サーカス'68'69 (6:12)
8.勝利をわれらに (1:22)

〈パーソネル〉
チャーリー・ヘイデン(b)
カーラ・ブレイ(p)
デューイ・レッドマン(sax)
ドン・チェリー(cor)
マイク・マントラー(tp)
ラズウェル・ラッド(tb)
ハワード・ジョンソン(tuba)
ポール・モチアン(perc)  他
  1969年 ニューヨークにて録音   ジャズディスク大賞<金賞>受賞

☆「じゃずりんぐ」では「ウィキペディア」とCDジャーナルのリンクがあります☆



■本アルバムの曲はyoutubeでみつからなかったので、
替わりに「チャーリー・ヘイデン&リベレーション・ミュージック・オーケストラ」の演奏で
「スピリチュアル」をお聴きくださいませ!



投稿者:pooh
「じゃずりんぐ」(bypooh)へGo!

参考になったよ!って方は最後にここをクリックしてもらえないでしょうか♪

コメント
この記事へのコメント
UP完了です!
アルバム収録曲がなかったので、スミマセン!自分の好きな「チャーリーヘイデン」の演奏曲をUPしてしまいました。
チャーリー・ヘイデンは自分もちょこちょこ買っては聴いてるのですが、今のところハズレなし!!なんですよね~。「ノクターン」もかなりイイです!このアルバムは個人的に購入してみよっかな~と思ってますので(ジャズリスナーです)、アルバム買ったら視聴可にできるかな~と思います!
2008/06/06(金) 20:33:41 | URL | UP係 #MjCVjfXc[ 編集]
ありがとうございます
UP係さん、ありがとうございました。
このyou tubeの曲もすごーくいいですね。ジャズのオーケストラも
いいですね。壮大ですばらしい!
他のアルバムも是非聴いてみようと思います。
2008/06/06(金) 22:29:58 | URL | pooh #3iNXO6Ik[ 編集]
お返事が遅れて申し訳ありません(>_<)


熱しやすく冷めやすい私なので
コレ!っていうものが少ないのですが...

えっとお勧めのアルバムといえば...

バイオリニスト 寺井尚子さんの「ジャズ・ワルツ」というアルバムです。

以前、宮崎でのコンサートを観に行ったときの印象が非常に良かったのでお勧めします


っていうか載ってるアルバムがカッコイイのばかりで
ちょっとビビってます^^;

あと、既に記載されていたらゴメンナサイ(ーー;


[追記]
できましたら、リンクの名称は
しすけんの「徒然日記」
でお願いします。

我がまま言ってごめんなさい(ーー
2008/06/08(日) 17:04:16 | URL | しすけん #-[ 編集]
TOしすけんさん
こんばんは~!
コメありがとうございます~!
しすけんさんの「徒然日記」変更しておきました。
実は私も歴史好きで「おもしろきこともなき世を面白く」っていう山口県(長州藩)のクーデターの神様「高杉晋作」のサブタイトルを気に入ってました!アルバムへの追加「思い」がありましたらコメもしくは「しすけん」さんの「徒然日記」に添え文書いてもらえると助かります!!UP係がその添え文をコピペして記事にいたします!!ヨロシクお願いしまーす!!
2008/06/08(日) 19:30:02 | URL | masuda323 #MjCVjfXc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://listenin.blog82.fc2.com/tb.php/82-c177d7bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ジャズオーケストラ をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
2008/06/10(火) 13:12:28 | 気になるワードを詳しく検索!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。